活動報告


 

H27年10月2日、熊本市議会第3回定例会にて、同市議会議員
緒方ゆうかが安全保障関連法案に反対を訴えました。
元国連職員として、イエメン在住時の経験を基に、
紛争の原因と解決法や、日本のこれまでの国際社会への貢献こそが
平和への道であると訴えました。
抑止力の意味とは?アメリカの現状に触れ、日本の将来に起こりうる
問題を説明しています。
そして地方自治体ができる国際理解への取り組みなど、
足元から行動する具体的なビジョンも述べました。